本文へスキップ

ダイエットに関するQ&A


Q.1か月で何キロやせられますか?

A.これは個人差がありますし、一概に何キロとは言えません。
  もともとの体重、体脂肪率、生活環境、食事量、
  また練習に出てくる日数、運動量、体力、それらによってまったく違ったものになります。
  目安としては「ダイエットモニター卒業生の体重推移記録」
  「ダイエットモニター卒業生の活動記録」をご参照ください。
  実際に練習を続けてダイエットに成功された方の練習記録です。


Q.どんな練習をするのですか?

A.一般的なボクシングの練習です。
  内容については「練習内容」をご参照ください。 
  直撃パンチを打ち合う実戦練習は希望される方にのみやってもらいます。
  どなたもやらなくてはならないものではありません。
  つまり、ボクシングの「痛い部分」を取り除いた内容を練習するということです。


Q.厚着をして練習したほうがいいですか?

A.それは必要ないと思います。
  たしかに厚着をして運動すれば汗がより多く出ます。
  しかし、汗を出すだけでは一時的に体重が減っても、
  またすぐに元に戻り、さらにはリバウンドによって体重が増えてしまうことにもなりかねません。
  恒常的に体重を維持するには、体質を太りにくいものに改善する必要があります。
  それをするには効率のよい運動をすることが大切で、
  そう考えると厚着をすることは体を動きにくくすることで運動効率が悪くなるため、
  さけたほうがいいですね。
  当ジムの推奨するダイエットは、筋肉を養成して体型をひきしめる
  シェイプアップをもとにしたダイエットです。
  そのため、厚着は運動の妨げになるだけだと考えますのでおすすめはしてません。


Q.練習をやめた後、リバウンドしませんか?

A.それはほとんどありません。
  先述のとおり、当ジムで行なうダイエットは、シェイプアップを基本にしたものです。
  一度身についた筋肉はそうそう簡単にゆるんだり、元に戻ったりはしません。
  食べ過ぎなどで一時的に体重が増えても、
  またすぐに自然に元の体重に減っていきます。
  当ジムではこれを「形状記憶体質」とよんでいます。
  ただ単に暑い場所で厚着をして汗を出して、体重を減らしても、
  それは結局一時的に減っただけであって、
  ダイエットができたという錯覚でしかありません。
  運動をやめるとまたたちまち元の体重に戻ってしまうのです。


Q.ダイエット目的でもちゃんと指導してもらえるのですか?

A.もちろんです。
  当ジムはプロボクシングのジムではなく、プロボクサーはおりません。
  練習にいらしている方全員が練習生であり、全員が平等です。
  試合に出る方が優先されるとか、そのようなヒエラルキーはありません。
  どなたに対してもトレーナーがていねいに指導いたします。


Q.「ボクシング」って痛くはないですか?

A.当クラブにおいては、スパーリング(フルコンタクトで打ち合う実戦トレーニング)はいたしません。
  選手の育成が目的ではなく、健康維持やシェイプアップを主な目的としております。
  ただ、練習に慣れないうちは体のふしぶしが筋肉痛で痛くなるかもしれません。


Q.「ボクササイズ」とは違うのでしょうか?

A.「ボクササイズ」はボクシングの動きを取り入れたエクササイズですね。
  当クラブで行なうのは、
  ボクシングに似た運動や動きを取り入れたトレーニングではなく、
  ボクシングのトレーニングそのものです。
  しなやかな筋肉をつけ、無駄な脂肪を落とすには
  ボクシングのトレーニングが最適であると考えております。
  また、ストレスを発散する効果もあります。


Q.スポーツは苦手なのですが大丈夫でしょうか。

A.大丈夫です。全員が足並みを揃えて進んでいく内容ではありません。
  皆さん各個人の自由なペースで練習を進めていくことができます。
  もちろんトレーナーも個別に進度に合わせての指導をいたします。
  実はこれを書いている私もトレーナーとして参加いたしますが、
  ボクシングを始めた当初はすごく下手で先輩方の手をわずらわせ、
  見放されかけ…といった寂しい思いを味わった経験がありますし、
  そんな気持ちにさせたくない、という思いが強いので温かい指導を心がけます。
  どうぞお気軽にお越しください


Q.できれば後々は選手として試合に出場したいのですが、大丈夫でしょうか。

A.大丈夫です。
  基本的にスパーリング等の実戦練習は行なっておりませんが、
  ご希望でしたら練習相手となれる者もおります。
  さらには、競技ルールの指導についても
  アマチュアボクシングの公認審判員として活動している者がおりますので講習いたします。


Q.年齢が高いのですが、練習してもいいのでしょうか。

A.大丈夫です。
  まず、うちのジムは小学生から70代の方まで幅広い年代の方が練習にいらしてます。
  プロボクサーを養成することを目的としたジムではないので、
  ジム内にヒエラルキー(階層)のようなものはありません。
  また、年齢や性別による対応の区別や優先などもありません。
  どなたに対しても基本からひとつひとつていねいに指導します。
  さらに、うちのジムは若い方が中心となっているわけではなく、
  30代、40代の方の割合が高くなっています。
  それ以上の年代の方も多数いらしておりますので、
  練習することが場違いだと感じられることもないですし、
  私を含めたトレーナー陣の年代も40代、50代が多く、
  その点も気軽に感じられるものと思います。
  女性は、いくつになっても美しくありたいと望まれて当然と思います。
  うちのジムはそのお気持ちもよく理解しております。
  ボクシングの練習を続けることによって、
  体重が減ると同時に体型がきれいに整っていき、
  その変化を感じることで表情が明るく和やかになります。
  そのことによって、また美しさに磨きがかけられるものと思います。
  どうぞお気軽にお越しください。


ラッキースターボクシングクラブ 
大阪市天王寺区生玉町2-10(地下鉄谷町九丁目徒歩3分)
06-6772-0588

大阪のボクシングジム ラッキースターボクシングクラブ トップページに戻る