本文へスキップ

練習内容

 
準備運動
形式は自由ですが、
ストレッチ等で
できるだけていねいに
筋肉をほぐしておきましょう。
 
ロープ(なわとび)
足腰の強化とフットワークの
リズム作りが主な目的です。

※ポイント
両脇をしめて手首でグリップを
回す感覚で腕の動きを
できるだけ小さくしましょう。
足はつま先立ちで
片足ずつ交互に上げます。
慣れてきたらラスト30秒は
ハイテンポで跳ぶなど
工夫してみましょう
シャドウボクシング
鏡の前でフォームを整える、
フットワークを使って動く、
ダンベル等を持ち腕に
負荷を与えて動く、
などいろいろやります。
※ポイント(フォーム作り)
肩の力を抜き、
腕力でパンチを打つのではなく、全身を使って
パンチに体重を乗せて
打てるように心がけます。
ワンツーの「ツー」のパンチは
しっかりと腰を回し
上半身全体を回して
パンチを打ち込みます。
ミット打ち
トレーナーのかまえたミットに
パンチを打ち込みます。
※ポイント
トレーナーと自分との距離を
目測してパンチを打ちます。
ジャブやストレートであれば
ある程度距離をとり、
アッパー等なら距離をつめて
打つなどそのパンチを打つための
適正な距離を考えましょう。
サンドバッグ
サンドバッグに強いパンチを
打ち込みます。

※ポイント
サンドバッグと自分との
距離を意識して打ちます。
また、ラウンドごとに
・速い連打を打ち続ける
・強いパンチを打ち込む
・接近戦を想定してフック、
アッパーを上下に打ち込むなど
テーマを決めて打つことも必要です。
パートナー
トレーニング
2人1組で攻防の技術を
反復練習します。

※ポイント
パリング、スウェー、
ダッキング等の練習ですが、
攻撃側は相手のグラブではなく、
あごを狙って打ち
防御側はできるだけぎりぎりまで
パンチの軌道を見て
当たる寸前で動くことを
理想としましょう。
マスボクシング
直接打撃のない実戦練習です。
※ポイント
まず、当てないように
気をつけます。
相手との距離を把握し、
距離に応じた打ち方を考えます。
また、当てられないからといって
防御をおろそかにして
一方的に攻撃ばかりすることは
まったく練習になりませんので
気をつけましょう。
 スパーリング
(希望者のみ)
試合同様の形式で行なう
実戦練習です。
もちろん打撃は直接当てます。
(希望者のみ実施します)
当ジムでは反則行為の注意・
指導とともに
安全管理に配慮しております。
シャドウボクシング
筋肉をほぐすことも兼ねて
激しく動かず
フォームを確認しながら
動いてみましょう。
※ポイント
(イメージトレーニング)
鏡の前に滞留せず、
リング内を動き回り
ながらシャドウボクシングを
します。
目の前に相手がいるものと
想定して相手の動きを
イメージしながら
それに合わせた攻防の動きを
考えながら動きましょう。
 整理体操
熱くなっている体を
クールダウンさせます。




大阪のボクシングジム 
ラッキースターボクシングクラブ 
トップページに戻る


ラッキースターボクシングクラブ
大阪市天王寺区生玉町2-10
電話 06-6772-0588
メール