「今日のラッキースター」


大阪のボクシングジム 
ラッキースターボクシングクラブの
日々の活動記録・連絡事項・その他


5月24日

来月23日にスパーリング練習会を行ないます。
現在、参加者を募集しています。
もともとはうちのジムと、
高知のマウントオリーブボクシングクラブとの
対抗戦として始めたのですが、
いつも同じ参加者ばかりになってしまうため、
別のジムや学校等の団体からの参加も
受付することとなりました。

それ以降は参加者がバラエティになり、
組み合わせに苦労することもなくなりました。
来月も多数の方の参加をお待ちしています。

うちのジムの練習生で参加希望の方は、
ボードに名前と階級を書いてください。
外部の団体の方は、
メールで参加者のお名前と階級、経験年数や
戦績があればその数字をお知らせください。

お待ちしてます。


5月23日

久しぶりに練習にいらした方が次々にいらっしゃいました。
皆さんそれぞれチケットをまだお持ちでしたので
そのまま使って頂きました。
何ヶ月・何年練習から離れても、
練習を再開するにあたっては何の手続きもいりませんし、
気兼ねもちゅうちょもいりませんので、
どうぞお気軽にいらしてください。
チケットをお持ちであればそのまま使えますし、会費で通われるなら、
再開される月の会費からお支払いくださればいいです。

先日久しぶりにいらした方々も、
「いやあ久しぶりですね」などと感動の再会はなしに、
毎日練習にいらしている方をお迎えするのと
同じような対応でお迎えいたしました。
しばらく練習から離れて、久しぶりにいらっしゃる方は珍しくはなく、
少なくはありません。
毎日練習に来る、週に1回ペースで来る、といった方々の中に、
半年に1回、年に1回といった方が混じっても
別にいいのではないかと思います。
仕事・学校・家庭・ケガや病気、
その他いろいろなやむをえない事情で練習を離れざるをえなくなったり、
「なんとなくいやになった」など気分の変化や、
ダイエットがうまく進まないといったこと、
あるいはジムの環境の変化が原因で
練習から離れていく方もいるだろうと思います。
しかし、どういった理由であれ、また練習したいと思われる方は
いつでもややこしい手続きなしでお迎えしますので、
お気軽にいらしてください。


5月22日

昨日はスパーリングを数組やりました。
試合に出る出ないにかかわらず、スパーリングをしたいと希望される方には
やってもらうようにしてますし、
やってみてはどうかねと判断した方に声をかけることもあります。

スパーリングはいつ頃からできるようになりますか? 
(練習期間どれくらいでできるのか)
とたまにたずねられることがありますが、
「何ヶ月以上」とか「練習何回以上」と決めているわけではありません。
マスボクシングをスムーズにできるようになっており、
練習生本人が希望される場合にやってもらうことにしてます。
なので、希望されない場合は強制することは一切ありません。
「やりたい」と申し出があればもちろんですが、
こちらから「そろそろやってみないかい」と声をかけることもあります。
声をかけられた際に「いや、遠慮したい」と断ってももちろんよいです。
本人の希望を最優先しますので
「まだ未熟とは思うがやってみたい」と
申し出があればやってもらおうと思います。
最初は適度に手加減して相手ができる、
酸いも甘いもかみわけた、
人生の悲哀を知るベテランの方がお相手をすることになります。


5月21日

うちのジムってのは、誰でも気軽に出入りできる環境を作ってます。
それは設備などのハード面だけでなく、
指導方法や対応のソフト面も同様です。
なんかいかめしくて入りにくいといったこともなく、
なごやかにやってるみたいだけど、
新参者はその輪の中に入っていけないような気がするってこともなく、
だらけた雰囲気で、真剣に練習に取り組みたい人には
合わないような気がするってこともなく、
どなたでも受け入れられる体制と環境を作ってます。

けれど、「誰でも来ていいんですよ」といってはいるけど、
行く側からすればちょっと入りづらいのではと
いったことだってあると思うのです。
たとえば、カルチャーセンターの「お料理教室」であれば、
いくら「男性の方も受付してますよ」と言っても、
男性の方は入りづらいと思うのです。
ボクシングジムの場合は、逆に女性の方が入りづらいと思われるでしょう。
また、年配の方なども入りづらいと思われるかもしれません。
そうならないようにいろいろと考えてます。
ジムにいらしたどなたも、
誰1人として疎外感にさいなまれることなどなきように
細かい部分から注意して考えてます。

そのひとつが、練習生どうしがいくら仲良く談笑していても、
そこに私が加わることをしないということです。
練習生の皆さんがそれぞれ仲良くなってグループができることなどは
別にかまわないと思います。
しかし、そこに私が加わっていっしょに行動することはいたしません。
常に練習生の皆さんとは一定の距離をとり、
ジムにいらっしゃる全員の方に対して
公平で平等に対応できる姿勢を保ちます。
一部の方と懇意になってしまうと、
その方たちに対してのみ何かと融通を利かせることになるとか、
逆にその方たちが「これくらいならやっていいだろう」と
ジムのルールや一般的な常識をを逸脱したことをされるとか、
特別扱いを望むとか、何らかの弊害が生まれると思うからです。

それらは他の練習生の方に不公平となってしまいます。
では、全員の方に融通を利かせたり、特別な扱いを始めるとなれば、
ジムはたちまちうちに立ち行かなくなってしまうものと考えています。
倫理も何もない、ぐちゃぐちゃな状態ですね。
誰もが気軽に出入りできて、不快な思いをせずに練習できること、
一部の方は楽しいけれど、
その周囲の方たちにはそれが不快に感じられる、
そのようなことが起こらないように気をつけて
ジムの管理と運営を続けてまいります。


体験入会は3回までできます。
1回につき1000円頂いてますが、
3回やって総計3000円を払った場合は
その後入会される時に入会金より3000円割引となります。
1回、2回の体験入会をされた後に
正式に入会されて練習を始める方もいらっしゃいますが、
3回やってから、といった方もまた多いです。
ですので遠慮なくめいっぱい体験してもらってよいです。
また、体験入会をされた後にお渡しする領収証ですが、
これも有効期限はありませんので
数ヵ月後、あるいは数年後であっても、
提示があれば必ず割引いたします。
紛失された場合はうーん・・・、体験されてから日が浅く、
スタッフが「○回いらっしゃいましたよね」と
覚えているなら領収証提示なしでもその金額分を割引いたします。



5月18日

6月23日の日曜日に
当ジムでスパーリング練習会を行ないます。
当ジムの練習生だけでなく、
外部のジム・学校等団体からの参加も歓迎いたします。

日時/6月23日 午後1時開始(当日は午後12時にジム開館)
会場/ラッキースターボクシングクラブ
概要/3分2ラウンド レフェリー・ジャッジによる勝敗裁定
  階級と経験の近い参加者どうしを組み合わせします。

※参加費無料
※審判員の投票による最優秀選手賞の表彰あり(表彰楯を贈呈)

参加希望者はジム内のボードに階級と名前を書いてください。
外部のジム・学校等団体の方は、メールで階級と名前とをお知らせください。
※個人参加も受付いたします。

5月17日

全日本社会人選手権と全日本女子選手権は
今年は10月に開催予定です。
例年は12月に開催されているのですが、
今年は北海道での開催であるため、
開催時期が早められているようです。

それにともない、代表選考会の実施時期も
早められています。
まだ開催要項は届いていませんが、
出場希望者の受付は始めておりますので、
希望される方は、できるだけ早くお知らせください。

また、出場には選手登録が必要です。
ことらは登録申請から登録完了まで時間がかかるため、
できるだけ早めに手続きをしてください。


5月16日

格闘技団体
「RIZIN」の試合チケット販売代行依頼を受けました。
6月2日の日曜日に神戸ワールド記念ホールで開催される試合で、
那須川天心選手をはじめ、数組の試合が実施されるようです。
この試合の観戦チケットの購入申込を受付いたします。
ご希望の方は、料金を添えてお申し出ください。
5月22日水曜日いっぱいを申込締切といたします。

うちは言うまでもなくボクシングジムですが、
けどまあ他の格闘技に興味をお持ちの方も多いようですし、
このくらいの代行なら別にいいのではと考えています。


体験入会にいらした方は練習生の皆さんが
積極的に激しく動き回るのを見て
「自分にもできるだろうか?」と思われるかもしれませんが、
1ヶ月ほど練習をすれば、
ごらんになった練習生の皆さんと遜色のない動きが
できるようになるかと思います。
もちろん最初のうちは覚えることも多く、
慣れない動きで体力の消耗も早いかと思いますが、
すぐに慣れますし、
基本動作を反復して身につけることで形が整ってきます。



5月15日

「マイグラブを買いたいのだけど、どんなのがいいか」と
ご質問を頂くことがあります。
理想は、ミットやサンドバッグを打つパンチンググラブと、
マスボクシングに使うグラブとの
2種類を買って使い分けをすることです。
ただ、グラブも安いものではないですし、
2つも買えないよといった方も多いと思います。
ここでひとつ先に申し上げますが、
まず、グラブを選ぶ際には、
どこのメーカーのものにするかを決めましょう。
品質の最高レベルはウイニング社ですが、価格も最高です。
あとは、おすすめできるとすれば、
マーシャルワールド、
海外製のウインディやツインズといったあたりですね。
アメリカのE社製は、うちでも何度か買ったことがありますが
当たりはずれがありますね。
これはうちのジムの経験上の主観なので、
夢必ずしもそうだと言うわけではないです。
あらかじめご理解ください。
安いという理由だけで選ぶと、安物買いの銭失いになってしまいます。
1ヵ月もたたないうちに、ベルトのマジックテープがへたって、
すぐにベルトがはずれてしまうとか、
パンチンググラブであれば、
打撃面がぺらぺらのすかすかになってしまうとかですね。
どこのメーカーかはここでは申し上げません。
ジムで直接おたずね頂ければ、どこなのかお知らせします。

次に、パンチンググラブとマスボクシング用グラブの
どちらかのみ買うとすれば、
どっちがいいでしょうか?といったご質問ですが、
なんとも言い難いですね。
12オンスグラブ等を買って、マスボクシングではもちろん、
そのグラブでサンドバッグやミットを打っている方もいらっしゃいます。
自分のグラブを使うのですから、それは悪いとは言いませんが、
試合経験の豊富な方や、それに見合ったレベルの方でなければ、
あまりおすすめはできません。
拳のどの部分が当たっているかがわかりにくくなるからです。
的確に打つ練習をするには、
パンチンググラブを使うべきだと思います。

おすすめとしては、
パンチンググラブ、マスボクシング用グラブのいずれかを買って、
もう一方はジムのグラブを使うといったことでいいんじゃないかと思います。


5月14日

体験入会ですが、2回、3回と来て下さる方が
わりといらっしゃいます。
体験は3回までできますので、どうぞご活用ください。
1回の体験入会で、うーんどうしよっかなと迷ったら、
もう一度やってみるかねとまた試してみることをおすすめします。
初回にはわからなかった、見えていなかった何かが
また見つかるかもしれません。
体験入会は1回につき1000円の料金を頂いてますが、
後に入会されるとなった際には
入会金からその金額を割引いたします。
3回体験されて1000円×3回の
3000円を払っておられる場合は、
入会金より3000円を割引いたします。
なので、どうぞお気軽にご利用ください。

丁寧に指導することはもちろんのこと、
きついことや、痛いことや、しんどいことや、
ハードなことや、過酷なことや、過激なことや、
きびしいことや、けわしいことは一切させてません。
というか、当ジムでそういった練習をするのは試合に出る方くらいで、
出ない方ってのは、痛いことや
腰がぬけたような状態になるような練習はさせてません。
ご本人がやりたいと希望されればまた別ですが、
無理にやらせたり強制したりすることはありません。
まあ筋肉痛で体ふしぶしが痛くなるってことは起こりますが、
パンチをくらって痛いとか、
そういった練習は一切強制することはありませんので大丈夫です。


5月13日

練習する目的ですが、
試合出場、フィットネス、ダイエット、精神力強化、アンチエイジング、
それらだけでなく、「ケンカに強くなりたい」という目的で
練習を始めてもいいと思うんですよ。
まず、うちのジムは入会の際に、
何を目的として練習されるのかをたずねることはありません。
また、目的によって指導や対応を変えることはありません。
技量や体力によって指導の内容を合わせることはありますが、
試合出場者には時間をかけて丁寧に指導して、
その他の目的の方には
適当におざなりに指導するといったことはありません。

「ケンカに強くなりたい」ですが、
中高生をはじめとする若い年代の方だけでなく
持つと上の年代の方や、
年配の方もそれを目的としてもいいと思うのですよ。
「いい年をして」とか
「この年でケンカなんて」と思われるでしょうけど、
別にいいんじゃないかと思います。
もちろん、いい大人がケンカの強さをひけらかすとか、
周囲にそれを誇示しようとするのは、
大人がやることとは思えないですが、
練習を続けて作り上げたその強さを内に秘めて、
自分の中の自信にすることはいいと思います。
その内に秘めた強さは、
不測の事態に対してあわてずにおちついた行動ができるとか、
「NOと言える勇気」のバックボーンになるとか、
何かと自分の支えになることがあるのですよ。
それに、男はいくつになっても強くなりたいと望むものではないですか。
女性がいくつになってもきれいでありたいと思うことと同じことです。
生まれ持ったその思いを満たす意味でも、
高い年代からであってもボクシングを初めていいと思います。
うちのジムは性別、年齢、目的、その他すべて不問で受け入れてます。
また、ジムはそう言っているけど、
実際には若い人たちばかりがはびこっていて、
年配の方は小さくなって練習しなければならないとか、
肩身のせまい思いをさせることはないです。
また、幅広い年代の方が出入りされておりますし、
なんか自分1人だけ浮いてしまってるなと感じることもないですよ。


体験入会ですが、夜9時まで受付してます。
9時にいらしても大丈夫、マンツーマンで指導いたします。
こんなに遅い時間に来てもいいんかねと考える必要なしです。
どうぞ遠慮なくいらしてください。


5月11日

今日の土曜日と、明日の日曜日は
午後1時から午後7時までの開館です。
うち、1時から6時まで体験入会の受付をいたします。