本文へスキップ

体罰に対する考え

うちのジムでは一切の体罰を禁止しております。
スポーツの指導において、体罰は必要ないものと考えています。

学校での体罰に関しての私の考えですが、体罰が必要になるケースはあると考えています。

ただし、何度注意してもいうことを聞かず、口頭での注意では限界があるとの判断、
そして、ふざけたり、だらけた態度をとるなど、悪意がみられることの2つが揃っている場合にのみです。

いくらふざけても何もできないだろう、とばかりに悪意のある行動をエスカレートさせる、
注意に耳を貸すどころか教師に反抗的な態度をとる、そうなると、口頭での指導だけでは限界があるでしょう。
それでも絶対に暴力はだめだとおっしゃる方もいるとは思いますが、暴力と体罰とは別ものだと思うのです。

そしてここで本題となる部活動での体罰に関してですが、
練習中にだらけた態度をとっている、ふざけた行為をするなどであれば、
はりたおすなり、ぶちのめすなりしてもいいと思うのです。
スポーツの練習中でのそれらは事故の原因につながることも多いからです。
特にチームプレイの練習や、集団での合同練習では他の部員まで危険を及ぼし、
その部員1人の事故ではすまなくなることもあるでしょう。
そういった大きなことにならないうちに、最初は口頭での注意をすべきですが、
それですまなければぶったたいてわからせる、それは必要だと思います。
大きな事故が起こる前に、特に何の罪もない周囲の者まで巻き込んでしまう前に、
言っても聞かずにつまらないことをするバカに対しては、
ぶちのめしてわからせることは必要かと思います。
それは、指導のひとつとして認めてもいいと思うのです。

しかし、真剣に練習にとりくんでいるうえでミスをした時は
殴る、たたく、あるいは暴言を吐くなどはするべきではないと考えています。
「緊張感を与えるために体罰を与えていた」との説明もありましたが、
緊張と萎縮は別ものだと思います。
その体罰の繰り返しによって部が強くなったとのことですが、
体罰を使わなくても強くすることはできるはずです。
むしろ、体罰を使わないほうが、より実力が向上するといったデータもあるようです。
今はスポーツ科学やスポーツ生理学の研究も進んでおり、
選手個別、チーム全体の競技力向上を図るための効果的な練習方法や、
食事の摂りかた、その内容、その他幅広い分野においての知識やスキルが広まっています。
もちろん、勝負においては精神力が大きく影響することは否めません。
精神論、根性論だけでは勝つことはできませんが、技術や理屈だけで勝つこともできないです。
相手が未熟で、技術に格段の差があるケースであれば技術だけで勝負ができますが、
その差がほぼ同等であるとか、わずかである場合は、
3分3ラウンドであれ、9イニングであれ、
試合中のすべてを支え続けるものは強い精神力だと思います。
しかし、その精神力は体罰によって養成されるものではありません。
それも方法のひとつかもしれませんが、厳しい練習の繰り返しによって、
自分の壁を超えたと実感できる経験によって養成されるべきだと思います。
そこで「体罰や罵倒によって壁を超えさせる」と考える方もいるかと思いますが、
やらされているといった感覚と、自らでやり遂げにいく感覚は大きな違いがあります。
達成感や充実感がまったく違うものになります。

そして、どれだけ頑張っても、プレイのミスはあります。
ボクシングにおいても、1ラウンドのスパーリングで
1発もパンチをもらわずに終わるってことはなかなか難しいです。
相手とのレベル差が格段に大きい場合はまた別ですが、
同等のレベルであったり、格上の相手であれば
まったく被弾なしで3分間を終えるってのは困難きわまりないでしょう。
防御に徹してまったく攻撃動作をしないとなれば可能かとも思いますが、
それでは試合にも練習にもなりません。
一方が攻撃、もう一方が防御だけといった条件練習であればまた別ですが。
攻防共に完璧な選手ってのは、プロの世界チャンピオンであってもいないでしょう。
誰でもミスもあれば、力量不足もあります。
そして誰もが完璧を目指して、それに少しでも近づけるように練習しています。
その真剣にとりくんでいる練習や試合でのミスに対して、体罰を施すことは間違いであると考えます。

結論としては、学校の部活動では、ふざけたりだらけたことをしている者に関しては、
注意しても言うことを聞かない場合に限って体罰を施してもいいと思います。
しかし、真剣に取り組んでいる者に対しては、どれだけ下手であろうと、ミスをしようと、
体罰は絶対に禁止すべきだと思います。
体罰によって緊張感を高めるといった考えかたをされる方もいると思います。
しかし、それをおそれるがために、萎縮して積極的なプレイや果敢なプレイができなくなるといった
弊害も起こるのではないかと思います。

そして、当ジムの話に戻りますが、ジムとしてはジム内での体罰やそれに類似することは一切行ないません。
どんなに下手であっても、うまくこなせずにいても、
懸命にとりくんでいる方に対して、責める態度や責める言葉は使いません。
たとえ上達が遅いと思われる方であっても、時間をかけて練習すれば必ずできるものと思うのです。
そして何より、ボクシングは個人競技です。
1人が未熟であるためにチーム全体の力が落ちてしまうといったことはありません。
なので、個別に向き合って、細かく丁寧に指導することが可能なのです。

そんなわけで、うちのジムでは体罰やそれに近いことは一切いたしません。
実際にはいないのですが、ふざけたことをする人にはまず口頭で注意します。
これは先述のとおりそれは危険だからです。
それでもふざけ続けるのであれば、練習を中止して帰ってもらうことになります。
しかし、ほんとに実際には練習中にふざけた態度をとる人はいないです。
小学生の練習生も練習中は真剣です。
そして、真剣に練習にとりくんでいる人が、教えたことをうまくできないからといって
殴るとか罵倒するといったことはありません。
何度でも繰り返し教えますし、やろうとしている方にはそれにつきあいます。
ただ、意識的にやろうとしない方については、教えることを放棄します。
どういう時がそうなのかってのはさまざまなケースがあるので一言では言えませんが、
たとえば実例なのですが、
「ではいっしょにやってみよう、これくらいゆっくりスローモーションみたいなスピードで」と
言っているにもかかわらず、まったくそれを意に介さず同じペースで動き続け、
返事もないといった、そんなことをされたことがありましたが、
そんな時はそれ以上何も言わないでおこうと思いました。
返事の有無は特にこだわりません。
また、マスボクシングやスパーリングの時に、
「そこで打ちこめ」とか「ボディ打て」とか指示というか声を出しますが、
そのとおりにしないからといってそれがいけないことだとは思いません。

部活動での体罰ですが、
ひとつ思うのですが、顧問や監督が指導のためというよりも、
感情でやっていることも多いと思うのです。
指示したことをうまくできない、そのことに対していらだちや腹立ちをおぼえる、
それをそのまま体罰という形でうさをはらす。
そんなケースも実際には多いのではないかと思います。
特に足でける、物を投げつけるという行為は、暴力以外の何物でもないと思うのです。

ただ、学校での体罰を何から何まで
すべて完全に禁止してしまうことには反対です。
それをすると調子にのり、つけあがるバカが出てくるからです。
何をしても殴られたり叩かれることはない、そう考えて
教師に対して横暴な態度や見下した態度をとり、指示をきかない、
そして決まり文句は「殴りたいなら殴ってみろ」。
殴れないことをわかっていて、
それを逆手にとるようなきたないことをするバカが出てきます。
既に今も起こっていて、対処に悩む先生も多いのではないかと思います。
口頭での注意で聞かなければ、ではどうすればいいのか、
忍耐強く注意を繰り返し、理解させろと言われるのでしょうけど、
それでうまくおさめられるはずなどないと思います。
体罰は全面禁止だとお達しを出すことは簡単ですが、現場の状況を理解しておらず、
机上の理想論だけで現場の先生方に指示を出しても、
ではそのかわりにどうすればいいのか代替え案を持たない先生方は、
ストレスをためこんでつぶれてしまうんじゃないかと思います。

話があっちこっちにとんだり、ややこしくなりましたが、
結論としては、
うちのジムは体罰やそれに類似する行為は一切いたしません。
それでいいと思ってます。


ラッキースターボクシングクラブ 
大阪市天王寺区生玉町2-10(地下鉄谷町九丁目徒歩3分)
06-6772-0588

大阪のボクシングジム ラッキースターボクシングクラブ トップページに戻る