本文へスキップ

小学生・中学生のボクシング

小学生・中学生の皆さんを歓迎いたします。


◎体罰及び暴言、罵倒、いやみ発言等は一切いたしません。

◎指導は「やさしくソフトに丁寧に」行ないます。

◎うまくできないからといって、叱責することはありません。

◎パートナートレーニングにおいて、
 「好きな人どうしでペアを作って」などといった指示はしません。
 トレーナーが指示してペアを組みます。

◎不登校、ひきこもり、いじめ被害に遭っている子も歓迎します。
 ジムには他人をばかにしたり、いじめたり、仲間はずれにする人は誰1人いません。



小学生・中学生のお子様をお持ちの保護者の皆様へ

当ジムはもともと社会人の方が多く練習にいらっしゃるジムです。
そのため、「やたらに騒がしい」ことはありません。
礼儀やマナーを身につけた大人の方が多く出入りしているため、
その方々の動きは、小さな子供たちにとっては手本となるものと思われます。

ジムでの練習は、3分間練習して、30秒休む、の繰り返しで行ないます。
3分間は短いようで長いです。
その3分間はわき目もふらずに集中して練習にとりくみ、
30秒休憩して、また気持を切り替えて3分間集中して練習する、
その繰り返しを行なうことにより、無理なく集中力を高めていくことができます。

また、ボクシングは全身をくまなく使うスポーツであるため、
総合的な運動能力の向上が見込まれ、
同時に他のスポーツをされている場合は、
そのスポーツに関しても上達の度合がスピードアップするものと思われます。

さらに、ボクシングの練習を続けて、「強さ」を身につけることで、
何事に対しても自信を持ってとりくむ姿勢や思考が養われます。

内向的な性格の子は、「おとなしいけど、芯の強いしっかりした子」になり、
暴れん坊といわれている子は、虚勢ではない本当の強さを知ることによって、
強さを表にひけらかすことのない、「やさしさと強さを兼ねそなえた子」になります。


原則として当ジムは小中学生には直撃をともなう実戦練習をさせていませんが、
本人が希望して、保護者の方が許可を出された場合は特別に認めることとしています。

その実戦練習の先にある試合出場も可能です。
数年前よりアマチュアボクシングの競技に、「アンダージュニアの部」が加えられ、
小学生と中学生も公式試合に出場できるようになっています。

特に近年は、全国高校総体等の大会でも、
小中学生の頃からボクシングを練習していた選手が上位入賞する傾向が目立ち、
中にはオリンピックの代表選考会などに出場したり、
ボクシングの強豪と称される大学にスポーツ推薦で入学する選手も多くなっています。

当ジムはアマチュアボクシングの専門ジムであり、
教育的見地からのボクシング指導も行っております。
まずは一度体験入会から始めてみませんか。
また、親子でいっしょに練習にいらっしゃることも歓迎いたします。



ラッキースターボクシングクラブ 
大阪市天王寺区生玉町2-10(地下鉄谷町九丁目徒歩3分)
06-6772-0588


大阪のボクシングジム ラッキースターボクシングクラブ トップページに戻る